ホーム  >  センチュリー21土屋商事  >  社長コラム  >  横須賀市平屋プロジェクトについて①

横須賀市平屋プロジェクトについて①
カテゴリ:社長コラム  / 投稿日付:2020/06/12 15:41


センチュリー21土屋商事
 

社長の土屋良尚(つちやよしなお)です。 

 

社長が笑顔で写真撮影!


皆さん平屋ってあこがれませんか?
 

先日当社では「平屋の建売プロジェクト」をはじめました。


 

背景と致しまして、

私の自宅もそうですが

子供が東京で一人暮らしをしたり、
 


結婚して子供が出て行ったりして、
 


2階が使われなくなった住宅が最近目に付くんです。
 




私が住んでいる岩戸も結構

2階が使われていない家が多いんですよね 。


それを名付けて「2階シャッター通り」
 


と呼んでいます。



家って時間に伴って

変化できないといけないと思っていました。
 



で、せっかく大きな敷地が買えたのだから、
 

分割しないで一軒のまま

「平屋タイプ」で建て始めました。
 



平屋パース


当社では21キューボという

変化できる2階建て住宅があるのですが、
 


今回は変化できる平屋を目指しました。
 




「平屋タイプ」がどう変化するのか

それは次回のブログで書きます。
 

 



===================================
---------------------------------
平屋の◆基礎工事◆
について!
---------------------------------

 

住宅建築はまず基礎工事から。 

文字通り住宅の基礎となる土台ですので大変重要です。 




最近では建物の底面全体に鉄筋コンクリートの耐圧盤をつけて
 


建物を支える「べた基礎」が一般的になっており、
 


今回も「べた基礎」での施工です。
 




もちろん前提として不同沈下を避けるための

地盤調査も欠かせません。
 


幸い現場は強固な地盤でしたので不要でしたが、
 


軟弱地盤の場合には別途地盤改良費用が

発生するケースもありますので要注意です。
 




基礎工事の手順はまず

施工場所を決め(遣り方)地盤を掘削し

 (根切り)根切り底を固め(地業)防湿シートを敷き込んでから
 

捨てコンクリートを打設します。

ここまでが準備作業です。




次に周囲の型枠を設置し、鉄筋で底面と立上りの
 


基礎配筋を行って配筋検査を受けます。
 


合格したら耐圧(スラブ)コンクリートを打設し、
 


立上りの型枠を設置し、

アンカーボルトを固定して立上りコンクリートを打設、
 


しばらく養生した後、型枠を外せば基礎工事完了、
 


ここまで約1か月の工期になります。
 




最近は各地で大きな地震が続いています。
 


現在の耐震基準で建築された住宅であれば、
 


倒壊の危険はかなり回避出来ると言われていますが、
 


地震に耐え抜く家にするには家の構造はもとより、
 


住宅の基礎も重要な役割を果たす事を念頭に、
 


基礎工事にも大いに着目したいですね。
 
=========================

お問い合わせは下記よりお願いいたします。

電話:046-874-8484

メール:tsuchiya@century21-0468.jp

ページトップへ