ホーム  >  センチュリー21土屋商事  >  2020年06月

「2020年06月」の記事一覧(2件)

横須賀市平屋プロジェクトについて②
カテゴリ:社長コラム  / 投稿日付:2020/06/29 15:31

皆様こんにちは! 

 

センチュリー21土屋商事 


社長の土屋良尚(つちやよしなお)です。
 

 



平屋プロジェクトが上棟し、順調に工事が進んでおります。

大矢部平屋外壁写真①

大矢部平屋外壁②


外壁までできてきています!


前回の「社長コラム」で平屋プロジェクト①を書きましたが、 

なぜ「平屋タイプ」なのかを書こうと思います。 




当社が考える平屋タイプとは普段の生活は1階で
 


2階は子供が育つ間(20歳くらいまで)は子供部屋に
 


10年後、子供が育ち外に出ていくことを想定
して 


自分たちが使う1階を3部屋とLDK
 




そして2階に部屋のみを用意、

子供が使い終わってからは
収納部屋にと考えています。



言葉ではよく分からないかなと思うので、
 

是非、一度物件を見て下さい。 



当社が考える住宅って変化をしなくてはいけないと思っています。 



変化って何かと言いますと、

「お子様は日々大きくなっていく」事だったり、
 

「ご自分は毎日年を取っていく」という事です。 



「今、子供が小学校に通っているから」って

「あと何年ですか?」
 

住宅ローンは35年かけて払って行きます。 

その間、どういう風に住宅が変化していけるか 

最初に考えておかないと

後からはどうにもできないってことがありますからね。
 


---------------------------------------------------------------
 

建築あれこれ ☆建て方(上棟)☆ 

 
基礎ができたら建て方開始です。 

床下の通気のため、基礎の上に樹脂製の基礎パッキンをのせ、 


基礎から出しておいたアンカーボルトに貫通させる形で
 


土台となる材木をしっかりと固定します。
 


すべての土台を固定したら床受けとなる大引を嵌め込み、
 


その下には鋼製の床束を取付けて荷重を支えられるようにします。
 


次に建物に合わせて周囲に足場を組んで建前の準備完了、
 


いよいよ軸組工法により建物の骨格を組み上げます。
 



 建前の日には朝から大勢の大工さん、
 


木材を吊り上げるクレーン屋さん等が協力しながら
1階・2階の柱・梁を組んでいき、 


1日で屋根の野地板まで一気に建ててしまいます。
 


今まで時間をかけて基礎を作ってきた所に、
 


急に家の形が出現してしまうのでビックリですね。
 


この屋根のてっぺんの棟木を取付ける事がいわゆる「上棟」で、
 


古来より棟木は建物を守る神が宿る場所と考えられていたため、
 


飾り物を付けて四方のお清めを行う上棟式が行われて来ました。
 


しかし近年、建売住宅の普及等もあり簡略化されて来ています。
 


(地域によっては今でも屋根の上から餅や菓子をまく

「餅まき」が行われることもあり、

やろうかという話もありましたが、やめました・・・笑)
 



 なお、ツーバイフォー住宅の場合は床→1階壁→2階床→2階壁→屋根と
 


下からハコ状に部屋をを作りながら組んでいきますので、
 


この建て方という工程はありません。
 



 さて、実際のところ家の建築は上棟してからが本番。
 


これから約3か月、大工さんはじめ様々な業種の職人さんたちが
 


いろいろな道具を駆使しつつも、手作業で家を作り上げていきます。
 


もう既に平屋タイプの外観が見えています。
 


是非、見に来てください。
 

TEL:046-874-8484

横須賀市平屋プロジェクトについて①
カテゴリ:社長コラム  / 投稿日付:2020/06/12 15:41


センチュリー21土屋商事
 

社長の土屋良尚(つちやよしなお)です。 

 

社長が笑顔で写真撮影!


皆さん平屋ってあこがれませんか?
 

先日当社では「平屋の建売プロジェクト」をはじめました。


 

背景と致しまして、

私の自宅もそうですが

子供が東京で一人暮らしをしたり、
 


結婚して子供が出て行ったりして、
 


2階が使われなくなった住宅が最近目に付くんです。
 




私が住んでいる岩戸も結構

2階が使われていない家が多いんですよね 。


それを名付けて「2階シャッター通り」
 


と呼んでいます。



家って時間に伴って

変化できないといけないと思っていました。
 



で、せっかく大きな敷地が買えたのだから、
 

分割しないで一軒のまま

「平屋タイプ」で建て始めました。
 



平屋パース


当社では21キューボという

変化できる2階建て住宅があるのですが、
 


今回は変化できる平屋を目指しました。
 




「平屋タイプ」がどう変化するのか

それは次回のブログで書きます。
 

 



===================================
---------------------------------
平屋の◆基礎工事◆
について!
---------------------------------

 

住宅建築はまず基礎工事から。 

文字通り住宅の基礎となる土台ですので大変重要です。 




最近では建物の底面全体に鉄筋コンクリートの耐圧盤をつけて
 


建物を支える「べた基礎」が一般的になっており、
 


今回も「べた基礎」での施工です。
 




もちろん前提として不同沈下を避けるための

地盤調査も欠かせません。
 


幸い現場は強固な地盤でしたので不要でしたが、
 


軟弱地盤の場合には別途地盤改良費用が

発生するケースもありますので要注意です。
 




基礎工事の手順はまず

施工場所を決め(遣り方)地盤を掘削し

 (根切り)根切り底を固め(地業)防湿シートを敷き込んでから
 

捨てコンクリートを打設します。

ここまでが準備作業です。




次に周囲の型枠を設置し、鉄筋で底面と立上りの
 


基礎配筋を行って配筋検査を受けます。
 


合格したら耐圧(スラブ)コンクリートを打設し、
 


立上りの型枠を設置し、

アンカーボルトを固定して立上りコンクリートを打設、
 


しばらく養生した後、型枠を外せば基礎工事完了、
 


ここまで約1か月の工期になります。
 




最近は各地で大きな地震が続いています。
 


現在の耐震基準で建築された住宅であれば、
 


倒壊の危険はかなり回避出来ると言われていますが、
 


地震に耐え抜く家にするには家の構造はもとより、
 


住宅の基礎も重要な役割を果たす事を念頭に、
 


基礎工事にも大いに着目したいですね。
 
=========================

お問い合わせは下記よりお願いいたします。

電話:046-874-8484

メール:tsuchiya@century21-0468.jp

ページトップへ